派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

厚生労働省(こうせいろうどうしょう)

厚生労働省とは、社会福祉、社会保障、公衆衛生および労働者の働く環境の整備、職業の確保などに関する任務を担当する国の行政機関のことです。

2001 年中央省庁の再編政策によって厚生省と労働省が統合されて発足しました。外局として社会保険庁と中央労働委員会があります。

厚生労働省は厚生省と労働省の業務を引き継いだため、主な業務として社会福祉、社会保障、公衆衛生、労働問題、労働者保護、雇用対策などを取り扱います。

また、旧厚生省時代に戦前の旧陸軍・海軍の資料の一部を当時の陸軍省・海軍省から引継いでいるため、遺骨収集事業や軍歴証明書の発行などの業務も担当しています。

厚生労働省では、国民生活の保障・向上、経済発展への寄与、社会福祉・社会保障および公衆衛生の向上・増進を目的とし、労働条件をはじめとする労働環境の整備や職業の確保を目指しています。

厚生労働省の具体的な職務としては、たとえば社会保障制度に関して企画・立案をしたり、少子高齢社会への対策、労働者の権利の保障や人口政策、医薬品・医薬部外品などの品質および安全の確保、臓器移植に関することのほか、麻薬、大麻、アヘン、覚醒剤に対する取締り、失業対策における雇用機会の確保、育児または家族介護を行う労働者の福祉増進、児童福祉の向上、生活困窮者等に対する必要な保護に関すること、介護保険に関すること、年金制度の調整に関することなどがあり、実に多岐にわたっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.