派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

勤労青少年福祉法(きんろうせいしょうねんふくしほう)

勤労青少年福祉法とは、勤労青少年に対して職業指導の充実、職業訓練の奨励、福祉施設の設置等の措置を計画的に推進し、勤労青少年の福祉の増進を図ることを目的として制定された法律のことです。

ちなみに勤労青少年とは、勤労青少年福祉法において「他人に雇用されて働く青少年」「求職者である青少年」「職業訓練を受けている青少年」などと定義され、勤労青少年福祉法の対象となる年齢は30歳未満とされています。

勤労青少年福祉法では、「すべての勤労青少年は、心身の成長過程において勤労に従事する者であり、特に将来の産業及び社会を担う者であることをかんがみ、勤労青少年が充実した職業生活を営むとともに有為な職業人としてすこやかに成長するように配置される」という基本理念が掲げられています。

また、勤労青少年福祉法では、勤労青少年の福祉について関心と理解を深め、勤労者少年がみずからすすんで有為な職業人としてすこやかに成育しようとする意欲を高めるために、7月の第3土曜日を「勤労者少年の日」と定めています。

ほかにも、勤労青少年福祉法では、勤労青少年が職業能力開発促進法に規定された訓練や学校教育法に規定された高等学校の定時制・通信制などで行われる教育を受ける場合には、事業主はそのために必要な時間を確保することができるように配慮しなければならず、また、雇用した勤労青少年が職場に適応するために必要な指導、相談、レクリエーションなどを担当する者(勤労青少年福祉推進者)を選任するように努めなければならないとしています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.