派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加
  • ?派遣TOP
  • >
  • 法律・機関関連用語
  • >
  • 介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律(かいごろうどうしゃのこようかんりのかいぜんとうにかんするほうりつ)

介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律(かいごろうどうしゃのこようかんりのかいぜんとうにかんするほうりつ)

介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律とは、介護労働者に対する雇用管理の改善や能力の開発・向上などに関する法律のことです。

高齢化社会となり、介護関係業務における労働力の需要が増えていることから、介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律は、介護関係業務に関わる労働力の確保や介護労働者の福祉の増進を図ることを目的として制定されました。

介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律における「介護関係業務」とは、身体的またが精神的障害によって日常生活を営むのに支障がある者に対し、入浴、排せつ、食事などの介護、機能訓練や看護療養上の管理など、その者の能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにするために厚生労働省令が定めた福祉・保健医療サービスを指します。

そして、介護関係業務に従事する者を「介護労働者」、介護関係業務を行う事業を「介護事業」といいます。

介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律では、国や地方公共団体の責務として、介護労働者の雇用管理の改善の促進、介護労働者の能力の開発・向上、介護労働者の福祉の増進などを図るために、必要な施策を総合的かつ効果的に推進するための努力が責務であると定められています。

介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律によると、介護労働者を雇用して介護事業を行う事業主は、労働環境の改善、教育訓練の実施、福利厚生の充実を行うなど、雇用管理の改善を図るために必要な措置をとらなければなりません。

また、職業紹介事業者においても、介護労働者や介護労働者を希望する求職者の福祉増進に努めることが奨励されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.