派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

作業環境測定法(さぎょうかんきょうそくていほう)

作業環境測定法とは、作業環境測定士の資格や作業環境測定機関などについて必要な事項を定めた法律のことです。

作業環境測定法は、適正な作業環境を確保し、職場における労働者の健康を保持することを目的として制定されました。

作業環境測定とは、作業環境の実態を把握するために、空気環境その他の作業環境について行う調査計画(デザイン)、試料採取(サンプリング)、分析(解析を含む)のことです。

また、作業環境測定士は、「作業環境測定法」に基づいて労働作業者の職場環境に存在する有害物質を調査し、デザイン、サンプリング、分析(簡易測定および測定機器を用いる)を行い、労働作業者の健康を守る専門家です。

作業環境測定士になるためには、作業環境測定士試験に合格し、厚生労働大臣又は指定登録機関に登録しなければなりません。

作業環境管理を進めるためには、作業環境中に有害な因子がどの程度存在し、その作業環境で働く労働者がこれらの有害な因子にどの程度さらされているのかを把握しなければなりません。それが作業環境測定です。

作業環境中に存在する有害な因子としては、有機溶剤、鉛、特定化学物質などの有害な化学物質、じん肺の原因となる粉じんなどの有害な物質、電離放射線、有害光線、騒音、振動、高温・低音、高湿度などの物理的因子などが全て含まれます。

作業環境測定士は、これらの有害な因子を除去するか、ある一定まで低減させるかを判断し、そのような対策だけでは不十分な場合には、労働者が保護具や保護衣などを身につけるなどの防止手段を行うことによって、有害な因子による労働者の健康障害を未然に防止するようにします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.