派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

労働安全衛生法(ろうどうあんぜんえいせいほう)

労働安全衛生法とは、「労安法」の正式名称で、労働災害の防止について総合的、かつ計画的な対策を推進することを定めた法律のことです。

労働安全衛生法は、職場における労働者の健康と安全を確保し、快適な作業環境をつくることを目的に制定されました。

つまり労働基準法では、職場における「労働者の安全と健康を確保すること」「快適な職場環境の形成を促進すること」という2つの目的を達成するために、事業者に対して安全衛生管理体制の設置を厳しく義務づけています。

またそれらに加え、労働安全衛生法では、職場において労働者の身に振りかかるであろう危険や、労働環境・労働条件が及ぼす健康障害を防止するための具体的な措置義務を規定しています。

たとえば、事業主には統括安全衛生管理者、安全管理者、衛生管理者、産業医、作業主任者の選任、安全衛生管理組織の設置の義務が定められています。

ほかにも、事業主は、労働者に対して健康診断を行う義務があり、適正労働配置の義務、作業時間の制限、保健の指導、病者の就業禁示など健康管理の義務、親企業の危害防止措置の義務、安全・衛生委員会の設置、機械・有毒物の規制、監督などをしなければなりません。

また、危険を伴ったり、有毒物を取扱う業務については、労働者に対して安全衛生のための特別教育を行うことが義務づけられており、各事業活動において必要な資格を有する業務を免許や技能講習、特別教育といった形で取得することが義務づけられています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.