派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

正規雇用(せいきこよう)

正規雇用とは、使用者と雇用者との継続的な雇用関係において、雇用者がフルタイムで従業する期間を特に定めない雇用形態のことです。

日本では1990年代以降、派遣労働や短期雇用契約などの雇用形態(非正規雇用)と区別するために、この言葉が用いられるようになりました。

最近は様相に変化がみられるものの、日本の労働社会では基本的に「長期雇用」「年功賃金」などが特徴的で、正規雇用においては新卒者を採用して育成しようという考え方がいまだ根強いといえるでしょう。

そして賃金はやはり長期勤続者に手厚いため、長期雇用である正規雇用者と非正規雇用者との間に賃金格差が広がっています。

とはいえ、正規雇用においても、成果主義の影響から長時間労働やサービス残業が日常的になったにも拘わらず、そのような労働に相当した十分な待遇が受けられていないという問題があります。

近年は、企業と従業員の雇用関係において非正規雇用者への依存度が高まっています。実際に雇用者数をみてみると、正規雇用者数が伸び悩む一方で非正規雇用者が増加しています。

ただし、全体的にみると正規雇用が減少して非正規雇用が増えていますが、中小企業などでは必ずしも正規雇用を非正規雇用で代替しているとは限らないようです。

つまり、正規雇用から非正規雇用への人員シフトは、中小企業よりも大企業に多くみられる傾向だといえるでしょう。

また、正規雇用者の過不足感は業種によって違いがあります。たとえば、研究開発・商品企画や営業分野では正規雇用者の不足感が顕著であり、財務・経理分野では不足感はそれほど高くないようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.