派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

外国人雇用(がいこくじんこよう)

外国人雇用とは、外国人を雇うことです。

外国人とは、日本以外の国籍を持っている者またはいずれの国の国籍も持たない者を指します。ちなみに、外国の国籍と日本の国籍を同時に持っている者は「内国人」とみなされ、外国人としては取り扱われないのが一般的です。

外国人雇用対策としては、外国人労働者や留学生へ就職支援を行ったり、雇用主へ外国人労働者の待遇を改善するように指導したりしています。

外国人労働者の在留資格は、高度な専門的職業や大卒ホワイトカラーなどの専門的・技術的分野で認められているほか、技能実習、EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士候補者、外交官などに雇用される者、ワーキングホリデーなどの特定活動において認められています。

その場合、技能実習生は入国時には雇用関係が発生しない「研修」の在留資格で入国し、1年後に雇用関係のある特定活動に移行します。

ほかにも留学生のアルバイトは、本来の在留資格の活動を阻害しない範囲内で相当と認められる場合のみ、報酬を受ける活動が許可されます。具体的的には、留学生では1週間28時間以内、就学生では1日4時間以内の就労が認められます。

このように、在留する外国人は入国の際に与えられた在留資格の範囲内で、定められた在留期間に限って就労が認められていますので、外国人を雇用する場合はその仕事内容がその範囲内か、在留期間が過ぎていないかをきちんと確認しなければなりません。

在留資格や在留期間は、パスポートや外国人登録証明書などによって確認できます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.