派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フリーター(ふりーたー)

フリーターとは、高校や大学を卒業後、正社員以外のパートタイマーやアルバイトなどで生計を立てている人のことです。

語源は、英語の「フリー(free)」とドイツ語の「アルバイター(Albeiter)」をあわせて省略した和製英語からきています。

フリーターとは就労形態を現す用語であり、職業区分として用いるのは誤りです。 彼らは会社組織には所属していないのが特徴ですが、生き方として自ら進んでフリーターになっている場合と、就職したくても仕事がないのでやむを得ずフリーターをしている場合があります。

厚生労働省によると、学生と主婦を除く15歳から34歳のうち、現在アルバイト・パートタイマー従業員(派遣を含む)であるか、アルバイト・パートタイマー従業員の仕事を希望している者、また、働く意志のある無職の者を「フリーター」としています。

ちなみに「働く意志のある無職の者」というのは、「失業中で就職活動を行っていないが、働きたいという意志がある者」のことをいいます。

フリーターと無職の違いは、無職が職業が定まっていない状態を示すのに対し、フリーターは定期的にアルバイト・パートタイマーなどに従業していて、その仕事を引き続き行う意志と可能性があることです。

また、フリーターはニートと間違えられやすいですが、フリーターが非正規雇用という形で就労しているのに対し、ニートは全く仕事をしていないという決定的な違いがあります。

フリーターの職種では、専門知識や特別技術が必要とされない販売や作業が中心であるウェイトレスやコンビニエンスストアの店員などが多くなっています。

また、雇う側からすると、フリーターには福利厚生などの各種社会保障を負担しないでよいことから、コスト削減のために正社員採用を減らしてフリーターを増やす風潮もあるようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.