派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

資格(しかく)

資格とは、ある行為を権限者から許された、または、ある行為を行うのにふさわしいと認められた地位や立場、条件のことです。

一般的に資格とは、試験などに合格した者に与えられる地位だけを指すのではなく、法的地位や経済状況などの基準を満たしていて、社会の多様な場面でその行為に相応しいと認める条件について使用される言葉で、たとえば、「入会する資格がある」「発言する資格」などのように使われます。

そのような意味のうち、業務などに関連したある行為において、国家が定めた行政組織が与えた地位を指すものが「国家資格」にあたります。これらの資格は、試験などによって権限者がその権限によって与えるものです。

資格にはいろいろな種類があります。まず「国家資格」とは、法律に基づいて国が実施する試験によって知識や技能が一定のレベルに達していることを行政が確認し、その結果として行政がその権限に基づいて一定の行為を行うことを許可するものです。

そのうち、医師や弁護士などの「業務独占資格」は行政法学上の「許可」に該当し、一般人には禁止されている行為を特に行うことが許されるものです。

ほかにも、機械装置などの運転や特定の作業に関するものは、特別教育や技能講習を受けることによって資格が取得できます。

一方、国家資格と民間資格の中間に位置付けられる資格として、「公的資格」があります。この公的資格は、省庁が認定した審査基準に基づき、民間団体や法人が実施する試験で与えられます。

それゆえ資格試験そのものは、基本的には特別な権限が与えられるものではなく、受験者の実力を級別に認定する検定という性質のものである場合がほとんどです。

ほかにも、民間団体・企業・業界団体などが、独自の審査基準を設けて任意で与える「民間資格」があります。

この資格には法規制がないため、一定の能力が認知されているもの、社会的な評価がほとんどないもの、企業が従業員に対して与えるもの(社内資格)などいろいろな種類があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.