派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

就職難(しゅうしょくなん)

就職難とは、社会の経済状態が不振であるため、就職希望者に比べて求人数が少なくてなかなか職が得られないことです。

就職難になる理由には、不況などの経済的要因と、求職者と採用者とのニーズが不一致であるという要因があります。

採用者のニーズには、年齢、地域、スキル、給与、学歴などさまざまな視点がありますが、基本的に年齢にふさわしい知識や経験を重視する傾向にあります。

つまり企業側も、たとえば40代で採用したならば、40代並みの給与を与えるのが当然であると考えているため、知識や経験が浅いという理由で給与を減額してまで採用する習慣はないようです。

その結果、そのようなケースがあれば最初から採用しないということになり、いくら応募者が望んでも就職が叶わないという状況になってしまうわけです。そのようなことから、今では「新卒採用」と「中途採用」という区別が生まれています。

就職難の背景にあるミスマッチは、新卒者と中途採用によって事情が異なります。たとえば、新卒者の場合は、景気の動向などによって就職が困難となることが多いのですが、卒業数年後になると、 求職者がそれまでまったく働いていないかフリーターの経験のみの場合には、企業側が求める「柔軟性や人間性」「社会人としての常識」「社会人としての基本的な事柄の習得」「専門知識」などの条件を満たしていないと判断されることが多いため、就職が困難になる傾向があります。

企業側としては、転職回数がかなり多い場合や前職が1年以内の場合は、定着率について不安が発生します。その逆に、社会人経験が10年以で一度も転職経験がない場合は、新しい企業風土への適応について不安を感じて採用に慎重になるようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.