派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

損害保険募集人(そんがいほけんぼしゅうにん)

損害保険募集人とは、損保保険事務に精通した専門家のことです。

損保保険事務の仕事に就くためには資格が必要ですが、中でも代理店の仕事に就業するためには、「損害保険募集人資格」が必要となります。損害保険募集人資格は、社団法人日本損害保険協会が運営する試験制度のうちの一つで、損害保険の販売や勧誘を行う方を対象にしています。

損害保険事務は、見積書の作成、契約手続き、契約保険料の領収・管理、保険金支払いから問い合わせ対応などの幅広い業務があり、取り扱う商品についても各保険会社によって火災保険、自動車保険、傷害保険など複数の種類があります。

損害保険募集人には、そのような商品知識から事務知識、そして端末操作スキルといった専門スキルが求められます。

損害保険募集人試験は、損害保険の仕事に就く予定の方を対象に、保険商品、代理店の役割、コンプライアンスなどの基本的知識や取り組む姿勢を確認することを目的に実地されています。

最近損害保険会社や代理店では社内体制を強化しており、損害保険代理店で仕事をする場合は、損害保険募集人試験に合格していなければなりません。損害保険は個人や法人の企業活動において必要不可欠なものであり、生活に深く関わる商品です。そのことからも、損保事務の仕事は年々その重要性が増してきており、世の中から常に求められている専門性の高い職種です。

経験を活かして長く安定した仕事に就きたい方や専門スキルを身につけたい方は、損害保険募集人資格を取得することで、チャンスは確実に広がるでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.