派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

CADトレース技能(きゃどとれーすぎのう)

CADトレース技能とは、主にCADを操作して写図(トレース)を作成する技能のことで、CADを使った図面作成業務に必要な技能を評価する試験が、CADトレース技能審査です。

CADトレース技能審査には機械・建築2部門があり、各都道府県職業能力開発協会が実施しています。厚生労働省認定の試験ですので、厚生労働省所管のキャリア形成促進助成金の支給対象として指定されています。

コンピュータによって設計を行うCADの分野は、製造業や建築をはじめあらゆる業種に広がりを見せており、それゆえCADトレース技能は設計・製図を行う多くの業界で必要とされています。

CADトレース技能審査は、CADの資格としてはレベルの高い公的資格ですので、CAD操作が必須である職場では非常に重要視され、人気の高い資格です。

CADトレース技能試験は、機械部門と建築部門がそれぞれ初級・中級・上級にわかれ、学科試験と実技試験があります。

試験内容は、実技ではCADを使用して、尺度「1:1」の正投影図で示される関連性のある2つの完成した部品図をもとに、尺度「1:1」でトレースを行います。学科では、図面作成に関連する知識をテストします。

このように、CADトレース技能試験はCADトレース技能に関するスキルを総合的に評価できるようになっています。CADトレース技能審査に合格すると、「上級CADトレース技士」「中級CADトレース技士」といった称号があたえられます。この称号は、ステップアップや就職活動における強力な能力証明となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.