派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

貿易実務(ぼうえきじつむ)

貿易実務とは、貿易に関わる必要なマーケティング、契約交渉、船舶の手配、保険付保、通関、決済、貿易金融、クレーム対応などの幅広い実務のことです。

貿易は、国際社会を生き抜く日本の企業にとって、今や欠かすことのできない重要なビジネスです。経済のグローバル化が進み、直接貿易が主流になった現代では、企業における部品や材料の調達、委託生産、海外販売などの貿易取引が急速に拡大しています。

その結果、輸入業者だけでなく商社、メーカー、流通業、サービス業、金融業などの幅広い業種で、貿易業務が不可欠な存在となっているのです。

このように、貿易部門で中心的な役割を担い、スペシャリストとして企業内で高い評価を受けているのが貿易実務です。

貿易実務の仕事は、貿易に関わる戦略の計画立案と実行、海外輸送に関わる船会社の管理、輸入通関に関わる業者管理、オーダーシートの授受や仕分などの責任者となることで、貿易事務検定はそのような能力と知識を認定するものとして、最近ますます注目を集めています。

今後ますます多くの貿易実務のエキスパートが求められる状況ですから、貿易実務の資格を持っていることは、自分の実務能力や知識がどのレベルにあるのかを確認できる手段にもなりますし、転職や昇進においても強いアピールになります。

企業間の海外取引の増加を背景に、国際感覚を持った人材として、貿易事務資格保持者の活躍の場は今後も広がっていくでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.