派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

診療報酬請求事務(しんりょうほうしゅうせいきゅうじむ)

診療報酬請求事務とは、主に医療機関において健康保険にかかる診療報酬明細書(レセプト)の作成や、健康保険の点数の計算を行う仕事のことです。

そして、診療報酬請求事務に従事する方の資質の向上を図るため実施されるのが診療報酬請求事務能力認定試験で、厚生労働省認可の財団法人日本医療保険事務協会が主催しています。

もともと医療事務とは、診療報酬明細書を作成する業務に限定されていたのですが、現在では受付、会計、データ入力、ファイル管理などを含む業務全般を指しています。

患者が医療機関の窓口で支払う費用は、診療費のすべてではありませんので、それ以外の費用を該当する保険者に請求しなければなりません。そのための請求書のことを診療報酬明細書(レセプト)といい、医療事務はその1ヶ月分をまとめて作成します。この業務が診療報酬請求事務です。

診療報酬請求事務能力検定試験は、数ある医療事務の試験の中で最も認知度が高く、最も信頼度の高い試験だといわれています。試験では医科と歯科が分かれています。

現在の診療報酬請求事務は、レセプトコンピュータの導入によって比較的容易になりました。確かに、診療内容をコンピュータ入力し、月末月初には出力したものを点検するという業務になっていますが、診療報酬明細書作成の知識が医療事務において不可欠であることには変わりありません。

高齢化がますます進む現代社会では、医療事務の仕事の需要も高まっています。
医療事務の仕事に就くために、診療報酬請求事務の資格が必須というというわけではありませんが、求人の多くは資格取得者を対象にしていることもありますので、資格を持っている方が就職には有利でしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.