派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

システムアナリスト(しすてむあなりすと)

システムアナリストとは、企業の経営戦略に基づいた企業内システム構築計画を策定したり、その開発支援や評価などを行う技術者のことです。

システムアナリスト認定試験は、経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構(情報処理技術者試験センター)が実施する国家資格の一つです。ちなみに受験資格の規定はありません。

企業にとって情報戦略は重要な経営課題の一つです。そこでシステムアナリストは、経営的視点から情報戦略を立てた後、「その目的を達成するには、どのような情報システムをどのように導入すればよいのか」という企画・立案をしていきます。

つまり、システムアナリストとは、経営戦略と情報技術動向に精通したうえで、システム構築・運用における費用対効果とリスクの分析をしながら、システムの立案から運用評価までの一連のプロセスに企画立案者として深く関わる専門家といえます。

このような業務をこなすには、経営全般に関する知識や経営上の問題点を解決する能力だけでなく、情報システムについての高度な知識と経験が求められます。このようにシステムアナリストは、情報処理技術者の中では最もマネジメント的センスが要求される職業だといえるでしょう。

システムアナリストは、ソフトウエア会社をはじめシステム系のコンサルティング会社などで活躍しています。企業が情報戦略を推進して競争に打ち勝つためには、システムアナリストは必要不可欠な存在ですので、資格保持者は企業に強くアピールできるでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.