派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アプリケーションエンジニア(あぷりけーしょんえんじにあ)

アプリケーションエンジニアとは、システムの基本アーキテクチャーを設計し、ソフト開発技術者と連携しシステム構築を行う専門技術者のことです。

アプリケーションエンジニアの認定試験は、経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構(情報処理技術者試験センター)が実施する国家資格の一つです。ちなみに受験資格の規定はありません。

アプリケーションエンジニアの業務は、情報システムの開発計画に基づき、顧客の業務を分析して、システム設計を作ります。そして、プログラムの開発・テストまでの一連のプロセスを担当するプログラマーの一種だといってよいでしょう。

しかしプログラマーと異なるのは、単に顧客にあったプログラムを作るのではなく、システムの設計まで行うことです。それゆえアプリケーションエンジニアには、コミュニケーション能力はもちろんのこと、要件定義をシステムとして実現する分析力やシステムの構造を捉える論理的な思考力が求められます。

つまりシステムエンジニアと呼ばれる専門職の中でも、システム開発の仕様をまとめ、それを運用可能なレベルにまでもっていくのが、アプリケーションエンジニアの仕事なのです。

アプリケーションエンジニアの認定試験では、システム構築に携わる方を対象とし、要件分析からシステム設計、プログラム開発、テストまでの一連の業務を遂行するために必要な知識・技能が問われます。

ハード・ソフト両面にわたる幅広い知識はもちろん、システム利用者である企業などからの要求を的確に把握、判断し、最適なシステム設計を行なうために、経理や生産管理などといった業務知識も求められるほか、運用テストでの利用者の指導など、現場での指導を行なうための知識と経験も要求されます。

システムの開発能力だけではなく、企業の業務内容や顧客のニーズを詳細に把握するスキルを身に付けるためにも、ぜひチャレンジしておきたい資格です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.