派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

中小企業診断士(ちゅうしょうきぎょうしんだんし)

中小企業診断士とは、中小企業に対して経営課題における診断やアドバイスをする経営コンサルタントのことで、中小企業支援法に基づいた国家資格の一つです。

経営コンサルタントとして唯一国に認められている中小企業診断士は、いわゆる「日本版MBA」とみなされています。中小企業診断士の認定試験は難しいものですが、その知識や能力がビジネススキルとして即戦力につながることから、最近特に注目されています。

また、スキルアップや転職においても必ず強い武器となりますので、ビジネスマンとして活躍したい方にはぜひお薦めしたい資格だといえます。

中小企業診断士の主な業務は、企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスです。具体的には、策定した成長戦略を実行するための経営計画を立てて、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。

また、そのような業務内容に関連して中小企業と行政・金融機関などをつなぐパイプ役も担うことが多く、中小企業診断士としての専門的知識を生かした幅広い活動が求められています。

このように「企業のドクター」ともいえる中小企業診断士は、業界や職種に関係なく「売上を伸ばし、コストを削減し、利益を上げる」ための適切な提案をするのが仕事ですから、あらゆる企業や部門において好待遇で迎えらえるようです。

中小企業診断士は需要に比べて人手不足であり、また資格を持っているだけで転職や昇格でも有利になることから、特に30~40歳代のビジネスマンに人気があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.