派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

テクニカルエンジニア(てくにかるえんじにあ)

テクニカルエンジニア(SE)とは、情報システム分野におけるコンピュータ技術者のことで、プログラマーやハードウェアの保守を行うカスタマーエンジニアなどとは区別されています。

しかし欧米には「システムエンジニア」という職種はなく、「SE」という言葉が通じるのは日本だけといってよいでしょう。

テクニカルエンジニアの認定試験は、産業経済省の独立行政法人情報処理推進機構(情報処理技術者試験センター)が実施する国家試験の一つです。

テクニカルエンジニアの業務は要件の整理や見積もりなどが中心で、情報システムの要件定義、設計、開発、運用などのほか、それらを統括管理するプロジェクトマネジメントなどにも従事します。

実際テクニカルエンジニアにはいろいろな専門があり、業務システムの運用管理、ネットワークの設計担当と管理、データベースの設計担当と管理、エンベデッドシステムの設計開発の担当、情報セキュリティの開発技術という分野に区別できます。

テクニカルエンジニアの技術や専門知識は、大学の理工学部や情報処理系にて得ることができますが、国家試験のレベルはかなり高くなっています。

システムエンジニアは、情報システム基盤の構築や運用において中心的役割を果たし、また、個別の情報システム開発プロジェクトにおいて技術の専門家として開発・導入を支援しますが、単にコンピュータの幅広い専門知識があるだけでなく、コミュニケーション能力や顧客のビジネス知識(業界知識、業界動向など)も必要とします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.