派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

システムアドミニストレーター(しすてむあどみにすとれーたー)

システムアドミニストレーターとは、社内のシステム管理者の能力を認定する国家資格です。

システムアドミニストレーターはしばしば「シスアド」と略され、一般的には「システム管理者」という意味で用いられることが多いようです。

システムアドミニストレーターの資格試験は、経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構(情報処理技術者試験センター)が実施しているほか、民間ではサーティファイが主催するシステムアドミニストレータ技術者能力試験というものがあります。

システムアドミニストレーターの仕事は、社内の情報システムやコンピュータシステムの日常的な運用・管理・保守に関する作業を行うことです。そして、システム管理者へ提言や要望提起を行なうことにより、社内のシステム整備を促します。

また、社員などが利用するパソコンの管理やトラブル対応も大切な業務の一つです。
社内の情報システムやコンピュータシステムが停止してしまうことは、つまり事業の停止につながる可能性があるため、システムアドミニストレータが担う役割は非常に大きいといえるでしょう。

そのため、システムアドミニストレータには、情報システムやコンピュータシステム全般にわたる幅広い知識が求めらます。

具体的には、企業内のインフラを支えるネットワークの知識をはじめ、サーバーやパーソナルコンピュータなどのハードウェア、スクリプト言語やプログラミング言語によるプログラミング、ソフトウェアやオペレーティングシステム、オフィスレイアウトなどに関わる知識、そしてソフトウェアの著作権に関する知識などに精通していなければなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.