派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ソフトウェア開発技術者(そふとうぇあかいはつぎじゅつしゃ)

ソフトウェア開発技術者とは、ソフトウェア開発の能力を認定するもので、特に若手や中堅のシステムエンジニアに人気の高い国家資格です。

ソフトウェア開発技術者の仕事は、中規模システムの仕様策定から開発・テストに従事し、外部仕様への準拠や効率的なアルゴリズムの活用、また確実なテスト作業を行うことです。

同じような職業を指す言葉としては、ソフトウェアアナリストやソフトウェアエンジニアがあります。

ソフトウェア開発技術者の認定試験は、経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構の情報処理技術者試験センターによって行なわれており、受験資格に条件はありません。

認定試験の内容は、ソフトウェアの設計やプログラミングに関するものが中心ですが、ネットワークやデータベース、情報セキュリティ、システム評価といった分野の知識も求められます。

そのため、この資格を取得すれば幅広い知識と技術を兼ね備えたSE・プログラマーとして評価され、活躍の場も広がります。

実際に資格保持者はコンピュータやソフトウェアの関連企業に勤務するエンジニアだけでなく、ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとして活躍している人もいるようです。このように、ソフトウェア開発技術者は広範囲に知識を活用できる資格です。

ソフトウェア開発者の仕事は、プロジェクトを概観し、個別のコンポーネントレベルや個人単位のプログラミングには関わりません。

ちなみに、ソフトウェア開発技術者とプログラマを同じものだと考える場合もありますが、世界的な傾向としては、プログラマとソフトウェア開発者は明確に区別されるようになってきています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.