派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

XMLマスター(えっくすえむえるまいすたー)

XMLマスターとは、XML技術者育成推進委員会がXML・XML関連技術に関する技術者の育成を目的に発足させた技術者認定制度のことです。

このXMLマスターを取得することによって、ITエンジニアとしての就職活動やキャリアアップに大変有利になります。XMLマスターには「XMLマスター:ベーシック」と「XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)」の2段階があり、後者がXMLの高度な技術力を認定する資格です。現在は、DBエンジニアを対象とした「XMLマスター:プロフェッショナル(データベース)」もあります。

XMLマスターは認定失効のない資格です。そのため、一度取得すれば長期に亘って専門技術を仕事に生かすことができます。

XMLマスターの試験問題は、「常に時代が必要とする技術者認定であり続けること」「実践的なSEの育成に役立つこと」「真の実力の判定基準となること」という3つの理念に基づいて作成されています。

この理念はXMLマスターにとっては非常に大切なことであり、実際にこれらの理念が試験内容にきちんと反映されているかどうかについて、XML技術者育成推進委員会で事前に諮問しているほどです。

たとえば、XMLマスター:ベーシックでは、XML・XML関連技術(XML Schema, XSLT, XPath, DTD)の基礎を理解し、業務に活用できる技術力があるかどうかを認定しますし、XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)では、XMLデータ処理を行うアプリケーションの開発やシステムの構築を行なえるプロフェッショナルになれるかどうか、XMLマスター:プロフェッショナル(データベース)では、XMLデータをRDBまたはXMLネイティブデータベースに格納、管理、操作が行えるかどうかについて認定します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.