派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

CCNP(シーシーエヌピー)

CCNPとは、「Cisco Certified Network Professional」の略で、世界最大手のネットワーク機器メーカーCisco Systems社による技術者認定資格の一つです。

つまり、大規模な企業ネットワークやインターネットワークサービス運用に必要なシステムの構築・管理・運営ができる能力を認定するCCNAの上位資格です。

CCNPを生かせる職種には、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、サーバエンジニア、運用オペレータ、カスタマエンジニアなどがあります。

ネットワークエンジニアやSE(システムエンジニア)を目指すのであれば、CCNPの資格を取得していることは強力な武器となるでしょう。

CCNPの認定試験を受験するためには、すでにCCNA資格を取得していなければなりません。

ちなみに両者の違いは、CCNAが小規模なネットワークを対象とした初級資格であるのに対し、CCNP はその何倍もの大規模ネットワークまでを対象としているところです。つまりCCNPは、さらに上へを目指すエンジニア向けの資格なのです。

CCNPを取得すると、「技術スペシャライゼーション」という専門資格の取得試験を受けることができます。その専門資格には「Security」「Voice Access」「Network Management」「LAN/ATM」「SNA」があり、さらに上位の資格としてCCIEがあります。

CCNPの試験では、セキュリティ、コンバージドネットワーク、QoS、VPN、およびブロードバンドテクノロジーといった分野の知識が必要とされます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.