派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

証券外務員(しょうけんがいむいん)

証券外務員とは、株式をはじめとする有価証券の売買などを行う証券セールスマンのことです。

証券外務員として営業活動を行うには、日本証券業協会が実施する証券外務員試験に合格し、金融庁の外務員登録原簿に登録しなければなりません。

証券外務員の仕事は、所属する証券会社に代わって投資家と取引を行うことで、投資家の資産運用についてアドバイスをします。

具体的には、証券会社が自己資金で株式や債券の売買をする「ディーリング業務」、株式や債券、投資信託などの商品の売買を投資家から委託されて執行する「ブローカレッジ業務」、上場企業の株式を一般投資家に売り出す「セリング業務」などがあり、どれも重要な業務ばかりです。

証券外務員の資格は、会員資格(証券会社)と特別会員資格(証券以外の金融機関)にわかれており、それぞれに「一種外務員資格」「二種外務員資格」「内部管理責任者資格」があります。

会員資格の二種外務員資格は一般に公開されていますが、会員資格の一種外務員資格と内部管理責任者資格は、証券会社に所属していることが受験資格となっています。また特別会員資格も、銀行や保険会社の職員だけが受験できる資格です。

証券外務員には「一種外務員」と「二種外務員」があります。一種外務員はすべての取引の外務行為を行うことができますが、先物取引やオプション取引の勧誘を行うことはできません。つまり、限定された有価証券や取引に関わる外務行為だけを担当します。一方、二種外務員は、株式(現物取引)、債券、投資信託を扱うことができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.