派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

簿記(ぼき)

簿記とは、「帳簿に記録すること」の略で、企業や個人事業における取引を一定のルールに従って記録し、計算したり集計したりするスキルのことです。

「財務諸表」といわれる書類を作成するために、一連の帳簿記入の手続きを行います。

簿記には「単式簿記」と「複式簿記」があります。

お金を何に使ったのかを書く摘要欄やその金額を記入する金額欄があり、収入をプラスとして、支出をマイナスとして処理しながら残高を記載するのが「単式」で、家計簿やお小遣い帳がそれに相当します。

一方、金額の増減をプラスやマイナスといった記号ではなく、左(借方)や右(貸方)に金額を記入することで記載していくのが「複式」です。これは取引に関する勘定科目というもので、取引によって生じた事柄を表現していくところが単式と異なります。

一般的に「簿記」といえば、この「複式簿記」のことを指します。簿記は、企業の経営成績を明らかにし、企業の財政状態を記録するために必ず必要なものです。

簿記では、企業の利益を把握するために「損益計算書」を作成し、資金の集積と資産の運用を把握するために「貸借対照表」を作成していきますが、これはすべてのビジネス経理の基本となるものです。

このように、簿記はどんな職種においても需要のある基礎知識だといえるでしょう。お金の管理は重要な業務の一つですから、「簿記のスキルを習得する」ことは、すなわち「すべての業種で求められる専門知識を習得する」といっても過言ではありません。

簿記は経理の実務において必須の資格なので、取得すれば就職にも大変有利です。また、仕事のキャリアアップを目指す方にとっても、簿記は大きな武器になります。

簿記の資格には1~3級がありますが、できれば2級を取得していると、中小企業に強くアピールできるでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.