派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

健康保険(けんこうほけん)

健康保険は、国の社会保障のひとつである医療保険制度のひとつに分類され、病気や怪我で治療が必要になったときに医療費の一部を加入者が負担する制度です。

健康保険には、企業で雇われている人が加入する被用者保険と市町村が実施している国民健康保険、75歳以上の人などに適用される後期高齢者医療制度があります。

健康保険は、病気や怪我などで治療や入院、手術などが必要になった場合に保険証を提示すると加入者とその扶養家族が3割負担で治療を受けられます。但し、義務教育就学前の乳幼児は、2割負担で治療を受けられます。

健康保険の制度は、派遣労働者にも適用されます。派遣労働者は、一般の労働者と雇用形態が異なりますが、派遣期間は2ヶ月を超える場合やその予定がある場合は、健康保険に加入します。また、日雇いの派遣労働の場合は、1ヶ月以上の就労があれば加入対象者となります。

派遣労働者の健康保険の加入や喪失手続きは、派遣会社が行うことになっています。健康保険に加入すると、毎月の給与から保険料が差し引かれるようになるので、個人的に納めにいく必要はありません。

保険料は、収入によって決められていますが、派遣労働の場合は時給制などが多く、給与にばらつきが見られるので、標準報酬月額を決定し、これによって保険料を算出します。また、派遣労働者に限らず、健康保険の保険料は労働者と企業がそれぞれ半分ずつ負担しています。

健康保険などの医療保険制度は、病院にかかる時の医療費の負担の軽減を行っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.