派遣

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社内規定(しゃないきてい)

社内規定は、会社内でのルールや運営方針などを定めたものです。

社内規定は、文書化され入社すると受け取る場合もありますし、口頭で説明される場合もあります。

社内規定の内容には、労働基準法などに準ずるものを含んでいるものや会社の代表者が会社を運営していく上でのルールなどを明示しているものもあります。そのほかにも、業務の進行マニュアルや書類の受け渡しなども社内規定に含まれます。

社内規定は、中小企業などでは書面化するよりも口頭で説明する場合が多いようですが、会社の規模が大きくなっていく程、社内規定は重要な役割を持つようになります。

中小企業などの場合は、社員が会社の代表者と接する機会も多くなります。しかし、大きな規模の企業では、会社の代表がすべての業務を行うわけにいかないので、分業化するためにも社内規定が重要な存在になり、分業化したそれぞれの部署の線引きを行うためにも、社内規定を明確にしています。

そのほかにも前任者から業務を引き継ぐ場合にも、社内規定は重要な役割を果たします。社内規定によって、書面にしておくと業務のマニュアルとして使用することができるので、後任者も業務に取り掛かりやすいと言えます。

このように、社内規定を明確にすることでそれぞれの役割をはっきりとさせ、社員同士がスムーズに業務を行えるようになります。また、社内規定を書面にしておくことで、業務に統一性が保たれ、ミスを未然に防ぐことができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.